ブレンドレビュー

  • すべてを表示
  • エテュード
  • パヴァーヌ
  • アリア
  • ロンド
  • アンテルメッゾ2019
  • パルフェタムール
  • セレブレーション
  • アールグレイクラシック
  • ダージリン
  • セイロン
  • ロイヤルブレンド
  • ブレックファースト
  • マスカット
  • キャラメル
  • ピーチ&ピーチ
  • ヨーロピアンペアティー

全ブレンド エテュード パヴァーヌ アリア ロンド アンテルメッゾ2019 パルフェタムール セレブレーション アールグレイ ダージリン セイロン ロイヤルブレンド ブレックファースト マスカット キャラメル ピーチ&ピーチ ローズヒップブレンド ヨーロピアンペアティー のレビューを表示

セレブレーション

セレブレーションフレーバード

評価:
2021.09.25MaryJoanna

9月は、私達夫婦の誕生月でもありますので、出来たら今月中に頂きたいと思っていたお名前の紅茶です。
茶葉の香りを嗅いでみましたら、幾重にも重なり合った、香りのパレード。その中に、ちょこん、と、優しく可愛らしい甘い香り。それはまるで、たくさんの友人たちが集まった、誕生日パーティーの様でした。いつもは、静かな空間で、初めてのお茶を頂くのですが、その香りが醸し出す雰囲気に、思わず、楽しく頂きたいと思い、昔から私が好きな曲のひとつでもある、POPな、CELEBRATIONを流し、普段とは違った演出を致しました。敢えて、どのアーティストのCELEBRATIONかは、伏せておきますが…。そして、口にした瞬間、これは…。正直、複雑なお味です。曲を止め、再び静かな空間にし、お味の感覚に集中したいと思いました。先に感じた何層もの香りが、そのままお味に映し出され、幾つもの個性がそれぞれを尊重し合い、混ざり合ってはいるけれども、どの香りも、薄くなってはいない。そして、小さな甘い香りも消えていない。私が思った事は、オペラの、それぞれの役を表現し、それぞれのパート、歌。絶妙なズレも、ひとつの持ち味とし、混ざり合いながらも、何役もの歌う声が消される事なく、聴くことが出来る、一番、聴覚、視覚を研ぎ澄まし楽しむ、コンチェルタートの様に感じました。1杯の紅茶で、壮大なオペラを堪能できた様な余韻が残る、大作です。これは、是非とも、アリアもご賞味させて頂きたく思い、復活を期待せざるを得ない結果です。

パルフェタムール

パルフェタムールフレーバード

評価:
2021.08.19MaryJoanna

8月の30ティー・パックに、パルフェタムールが、入っておりました。初めは、名前が分からず、文字を見て、パルフェ・アムール、と読んでしまいました。その読み方から、きっと、日本語訳で、パフェの様に甘く愛らしい味なのかと思いました。
後から、パルフェタムール、と読むのだと知り、ブレンドされ、命名に至るところまで、熊崎さんの、センスの高さを感じました。
わたしは、紅茶は封を開けただけでは、あまり香りの違いを感じる事はなく、ポットにお湯を注いだ瞬間に香り立つアロマで、初めてそのお茶の本質、というか、個性を感じるものだと思っております。こちらの紅茶は、お湯を注いだ瞬間に、パッと花が咲いたかの様な、とても甘い香りが広がり、ご説明文にもありました通り、バニラの香りで充たされました。この度の購入で、まだ何種類ものブレンド・ティーが、未知の状態で出番を待っているというのに、このパルフェタムールの香りで、わたしのなかでは、一番のお気に入りになるのではないか、と思ってしまいました。実際口にしてみると、意外にも甘みは抑えられていて、アロマが香る代表格かと思われる、アールグレイとは、全く違うお味でした。飽くまで、わたし個人の思うところではございますが、香り立つ甘みをお味にも求めるのであれば、ハチミツ・シロップや、バターを加える事で、香りとしての甘みと、口に入れた時の甘みも、広がるのではないかと感じました。でもやはり、初めてのお茶を頂く時には、少しの緊張と、まだ見ぬ景色と同じ様な期待感も、大きな楽しみのひとつ、と私は思っておりますので、ぜひ、初めてのお茶は、ブラックで飲んで頂きたい、と思う次第です。こちらは、とても柔らかな感情を誘って下さる、優しいお茶でした。